Daily Paderborn/パダボーン日記

東北からドイツのパダボーンに留学している大学生の日常を徒然なるままに書き記したブログです。

東北からドイツへ【留学生の日常】【8/31(金)-2日目】「ドイツは日が長すぎて眠れない」

 

どうもとりぴです!

韓国の仁川空港では寝床を確保し、無事空港で1夜を明かすことができました。

 

5時間くらい睡眠を取れたので、割と朝の次の飛行機を待っている時間も活動的に動けました。

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902204533j:plain

(目がギンギンです)

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902204541j:plain

(朝の水分補給は大事なので謎の飲料を買いました。とうもろこし茶でした。)

朝は8時になるまではパソコンでYoutubeのアップロードをしたりしていました。仁川空港のWIFIはダウンロードだけでなく、アップロードもとても早いのでブロガーやYotuberの方にもとても助かる仕様です。

 

(以下、朝の仁川空港)

f:id:yazuyayazuya777:20180902204715j:plain

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902204526j:plain

f:id:yazuyayazuya777:20180902204506j:plain

充電できる場所も大量にあるので仁川空港でバッテリーが切れることはないと言ってもいいでしょう。

日本の電化製品は全て110V仕様なので、ドライヤーなどを使用する際は注意しましょう。

MACスマホは基本的に250Vにも対応しているので変圧器を持って行く必要はありません。

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902204601j:plain

(⬆︎仁川空港のエアコンが強くて風邪を引きかけたので、風の当たらない場所を目指してうろうろしていました笑)

 

8時になると、お店の方も空いてきたので、朝食はバーガーキングをいただきました。 以外に海外旅行ではマックと同等のレベルで頻繁にみる機会が多いです。

f:id:yazuyayazuya777:20180902204613j:plain

 

ハングルは全く喋れないのですが、機械で注文できる仕様になっていたので、非常に助かりました。

f:id:yazuyayazuya777:20180902204624j:plain

ただし、機械の言語はもちろんハングルなので、Google翻訳の画像翻訳機能を使用して、なんとかマヨネーズ抜きのチーズバーガーを注文することに成功しました!

 

待っている間に日本からの旅行者の大学生に会いました 。

f:id:yazuyayazuya777:20180902204655j:plain

 

韓国に帰省している友達に会いに行っているそうです。

 

その後、また空港内でぶらぶらした後、(映画も空港内にあったので見るかどうか迷いました)

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902204725j:plain

(韓国語の映画のみやっていました)

 

入場前にふと韓国きたのに韓国感あるもの食べてないということでキムチ定食をいただきました。

f:id:yazuyayazuya777:20180902204836j:plain

 

(本場のキムチは辛さよりも酸っぱさが重視されていました。)

ここでもクレカが使用でき、値段もそこまで高くなかったので、非常に良いお店でした。

 

飛行機の乗る時刻が12時だったのですが、のんびり韓国料理を食べていたら11時半くらいになっていたので急いで荷物検査と税関に行きました。

f:id:yazuyayazuya777:20180902204810j:plain

(税関に急いでいる時に撮った写真)

 

無事出発の10分前くらいに到着し、乗り込むことができました。

 

ここから怒涛の12時間フライトが待っていました。 韓国発のフライトということもあり、またもや韓国の人に囲まれてフランクフルトに旅たちました。

f:id:yazuyayazuya777:20180902205000j:plain

 

映画も字幕は韓国語のため、あまり話が理解できず断念しました。(英語だけで映画をみようともしたのですが、開始15分で飽きました。アクションものなら観れたかもしれませんが、全部話で見せるタイプの映画だったので無理でした笑)

 

基本的にIPadの本ばかり見ていました。

 

12時間のフライトだったので結構きついかなと思ったのですが、通路側だったことと、隣の韓国人の博士の方がめちゃいい人だったこともあり、問題なく過ごすことができました。

 

(途中オレンジジュースをこぼして足にかけてしまったのですが、全く気にすることなく許してくれたので感謝です。)

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902204850j:plain

f:id:yazuyayazuya777:20180902204937j:plain

f:id:yazuyayazuya777:20180902204950j:plain

12時間の間に食料が3回ほど出て、味はまあまあでした。

ただ、体を全く動かさず、ものばかり食べていたので、家畜になった気分でした笑

 

途中、乱気流などで期待が上下しかなりのチンさむを味わいましたが、

無事ドイツに到着しました。

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902224947j:plain

(流石に飛行機に乗りすぎて顔が死んでいます。)

 

まず空港着いて、入国審査を受けました。

 

日本にいた頃、色々なブログを読んで、3ヶ月以上いる場合は、ビザが必要やら、保険の証明書がないと入れない、帰りの飛行機のチケットがないと入れないなどと言った記事を読んできましたが、

 

パスポート一枚で問題ありませんでした。

 

散々心配してありとあらゆる事態を想定して準備をしたのですが、肩透かしにもほどがあります。

 

税関の人にも、「どこに行くの?」や「何しに行くの?」といった質問しかされず、楽々入国することができました。

 

ドイツに降り立ってまず初めに飲んだのがこのバーでのエスプレッソです。

f:id:yazuyayazuya777:20180902225023j:plain

ドイツは何もかも大きいと聞いていたのですが、サイズがえげつない小ささだったので、これに2.5ユーロは目を疑いましたが、基本的に空港はなんでも割高になっているので、空港での購入はお勧めできません。

f:id:yazuyayazuya777:20180902225037j:plain

f:id:yazuyayazuya777:20180902225055j:plain

(超ミニサイズ!!!)

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902225107j:plain

 

コーラも高い!3ユーロは400円くらいです。

 

荷物を地下のスーツケースが返却されてくる場所で受け取った後、

 

1階のガジェット類が色々売られているコーナーで

 

SIMカードを入手しました。

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902231738j:plain

 

(空港のSIMカード超割高と聞いていたので、歩いて15分くらいにあるVodafonというドイツの大手キャリア3つのうちの1つの店舗に行ってそこで購入しようとしたのですが、電波が使えないためGoogle mapも使用できず、途中で店の方角を見失い、空港に引き返しました。)

 

 

値段は59ユーロ(約8000円)で、安定の空港価格です。本来なら20ユーロくらい。

 

O2という大手キャリアの1種で、あまりスピードは速くないとされていますが、調べ物くらいなら問題ありません。

 

自分は電話なしの5GB/月のSIMカードにしたのでYoutubeなどは一切SIMカードでは使用できません。

 

ちなみにドイツでは2017年の7月から旅行者のSImカード使用に対する規約がとても厳しくなり、ドイツの電子滞在書などがないと、自力でのSIMのアクティベートは難しくなったそうです。

 

なので、携帯ショップの店員さんなど、現地の人にお願いしてやって貰えるお店にいくのがベストな方法だと思われます。

 

 

 

おすすめは日本にいる間に

アマゾンでヨーロッパで使用できるSIMカードを購入しておくことです。

 

アマゾンで探せば30日12GB使用できて値段も2500円程度のSIMカードがあります。

 

 

自分は日本を出発してから、ドイツのSIMカード事情を知ったので、非常に勿体無かったです!(完全に迂闊でした・・・・)

 

SIMカードが使用できるようになったので、これで安心してホテルへ行けるようになりました。

 

フランクフルトは基本的にハイウェイに囲まれているので車で皆移動して行きます。

 

僕も外に出た瞬間に、気のいい兄ちゃん的な人が近づいてきて、のりなのりなと言ってきたので、ぼったくられるやろうな〜と思っていたのですが、考える思考体力が限界に近づいていたので、ふらっと乗り込んでしみました。

 

(よいこは真似しないようにきちんとしたタクシーに乗りましょう)

 

道中、色々道を間違えた挙句、最終的に53ユーロ支払う形になりましたが、正直適正価格がわからず、ドイツのタクシーは基本的に超高いので、どの程度ぼったくられたかが定かではありません。笑

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902225144j:plain

道中の会話が面白かったのでよしとしよう!!

 

 

https://www.taxifarefinder.com/de/

 

Taxi Fare Finder というサービスがあるので、もしボッタクリが心配な人はこのサイトを使用しましょう。

 

5.5kmの道のりを20分くらいかけてたどり着きました。

f:id:yazuyayazuya777:20180902233247j:plain

降り立った場所は住宅街に位置するザ・ドイツという街並みにありました。

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902225223j:plain

(ちなみにこの写真撮ったのは18時くらいです。ドイツの夏の夜明るい!!!)

 

今回僕が止まるホテルは「Booking.com」というアプリで見つけました。

海外のホテルやAirbnbが一緒にまとめられていて、かつ日本語で見れるのでとても便利です。

国内でも普通に使用できるので、オススメです。

 

下のリンクから飛ぶと、2000円割引で使用できます。ぜひ使用してみてください!

https://www.booking.com/s/43_8/yazuya53

 

 

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902225232p:plain

 

ホテルの外観は普通にバーでした。

どうやらバーの2回を客室として使用しているみたいです。

3部屋あり1部屋を挟んでドイツ人のおじいちゃんが使用していましたが、音漏れもなく(たまに下のバーから音楽が聞こえてきたが、基本的に問題ない大きさ)

 

夜はベッドに包まれながら最高の快眠を取ることができました。

久しぶりに足を伸ばせて寝れたのは最高でした。

 

シャワーも浴びられて、バスタオルやフェイスタオルも完備、お菓子もついていて、さらに部屋も広くて本当にゲルマン民族の体の大きさはありがたいと感じました笑 

 

 

f:id:yazuyayazuya777:20180902233314j:plain

 1つハプニングは鍵がこの形式でまさかのオートロックだったことです。

下がバーだったのでコーラでも買おうかなと財布だけ持って1回に降りて、コーラが3ユーロして高すぎたので、部屋に戻ろうとしたら、締め出されてしまいました。

 

しかし、すぐに主人の女性にそのことを言ったら多少呆れつつも普通に予備の鍵で開けていただきました。(ついてすぐに問題起こしてすいません!)

 

 

夜は散歩していたらイタリアンのお店を見つけたので、そこでピザを購入しました。

(30cmで4.8ユーロ)

 

水も同時に買ったのですがこれは1.8ユーロして、しかもガスありでした。(炭酸水)

 

どうやらドイツ人は皆炭酸が好きみたいです。

 

ピザをテイクアウトしてホテルに戻りました。

 

 

感想

以上が、ドイツ留学2日目です。

 

ようやくドイツに着いたのはよかったものの、

SIMカードやタクシー代などで、一気に100ユーロ以上が飛びました。

 

事前の準備は怠らないようにしましょう!

 

特に電波、WIFIは必ず使用できるようにしとくのがドイツ留学への大事な1歩であると思います。

 

SIMカードが使用できれば、タクシー以外の選択も見つかったかもしれません。

 

それではまた明日!

 

Auf Widersehen!!